本質リーディングオイル【ファーストブレス】

本質リーディングオイル

ここでいう「本質」とは、「魂」と「今世やりたい事&そのための才能」を合わせたもの。いわば、あなた自身が決めてきた、今世のミッションです。

前世のあなたでもなく、魂だけの状態でもなく、今世のミッション。

そのミッションを持って生まれてきたのにも関わらず、私達は成長するにつれ、人間のルールに縛られてそのミッションを忘れがちです。

だけど「オギャー」と泣いて、この世に生まれてきた瞬間あなたは、まだあちらの世界と繋がっていて、罪悪感も躊躇もなく、こちらの世界のことも全信頼して、ミッションを果たすのを楽しみにしていたはず。

本質リーディングオイルは、ここちらの世界と対面した「ファーストブレスの瞬間」と同じエネルギーを持つオイルです。

香りをかいで魂の記憶を震わせ、そして身体にも纏わせれば、忘れてしまった本質を思い出し、出すことを躊躇してしまっている本質を思い切り発揮できるようになります。自分自身の中心と同じエネルギーを持つオイルなので、もうそうならざるを得なくなります。つけた瞬間から才能が開花する事もありえます。

また、呼吸を通して、自分自身のソース(源)と繋がるという意味もあります。

こちのオイルは、ただの「物」ではありません。あなたの「本質」と同じエネルギーを閉じ込めたオイルです。

生まれた瞬間のあなたのエネルギーをリーディングして、それと同じエネルギーになるよう、エッセンシャルオイルとベジタブルオイルをメインに、ハーブやクリスタル、宇宙エネルギーなど、必要なものをブレンドして作ります。

その為、材料がお一人ずつ変わるので、お渡しする商品としても、ロールオンであったり、ボディオイルであったり、水がメインのスプレーであったりと形状・量ともに様々になります。(写真は参考です。)

また、現在どれだけ「本質を生きる」と決めているか、によっても仕上がりが変わる場合があります。

どれも完全にオーダーメイドで、一つとして同じ物はありません。

「自分の本質を生きる」と決めた方には、大きな流れに乗る後押しとなりますし、まだ決め切れていないという方にも、自分を思い出すきっかけになる、とても波動の高いプロダクトです。

<Tさんから頂いたご感想>
敬子さんの本質リーディングを読ませていただき、「あー!そうそうコレコレ!この感覚が私だよね(*^▽^*)」と、私自身のことが明らかになってとても楽しい気分になりました。ファーストブレスを振りかけると自然と全身がわくわく、身も心も軽くなりました。余計な力が入ることなく、シンプルに“地球を楽しむこと”にフォーカスできそうです^^
あと、なんだか懐かしいです。小学校のころに、駆け回っていたときを思い出す匂いですね

和装イメージコンサルタントの上杉惠理子さんも、ご自身のブログにファーストブレスの感想を素敵に綴ってくださいました。
成熟した女性らしさを追求したい▶︎https://kimono-strategy.com/?p=5188

上杉惠理子さん♡

リーディングの内容について、既に本質を生きられている方は「あぁ、うんうん!」となりますし、まだ思い出されていない方は「えぇ?」となることもあるようですが、お届けした香りについては、皆さん口を揃えて「とても良い香り!」とおっしゃいます。

無意識の部分では、自分というものの本質を覚えているからです。

ご自分の本質を思い出し、力をその手に取り戻すサポートに、ファーストブレスをお使い下さい。

【本質リーディングオイル・ファーストブレス】

容量・形状:おひとりずつ違います
今に繋がる前世、魂の質、才能、今世のミッションなどもお伝えします。
価格:20,000円(税込・送料込)
納期:リーディング後、必要な材料を揃えたりタイミングを待ちますので、ご入金確認後3週間前後のお時間を頂きます。

お申込はこちらから

本質へのアクセスをもっと容易にする【フルオーダーメイドセッション】は、リーディングだけではなく、ヒーリング、ボディトリートメント、チャクラ・オーラ調整なども行います。必要であれば、本質リーディングオイルもお持ち帰り頂けます。(必要なものをお渡しするので、他のプロダクトになる場合もあります。)

 

関連記事

  1. 毎週届く♡アロマレター

  2. 蠍座パワー【LOVE&PROSPERITY】愛と繁栄のソリッ…

  3. 【完売御礼】変化の時も怖れずすすめー!寝ている間に願いに近くパフューム…

  4. この夏飛躍したい方に☆弁財天&木花咲耶姫ブレンドオイル

  5. 言葉によって香りが引き立ち、香りによって言葉が沁み込む【毎週届くアロマ…

  6. 陰と陽、青と赤、弁財天と木花咲耶姫

  7. 【完売御礼】お金ザクザクブレンドオイル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

メールマガジン【Letter from KEIKO】

Archive

NEW POST

NEWS FEATURED