自分のために香りを作る

先月末、京都へ行った際、美しくライトアップされた二条城の夜桜を見物しに行った時のこと。

広大な敷地の中の順路を進み、もうすぐ終盤というところで、ふいにアロマの良い香りがしてきたのでキョロキョロしてみると、道の脇に大きいディフューザーがいくつか置いてあり、数秒おきにシュッシュッと香りの元が噴霧されているのが見えました。

敷地内全てではなくて、ほんの一角だけだったのですが、たまに香ってくる良い香りに、思った以上に癒されまして、それ以来「あぁ、持ち歩ける良い香りが欲しい!」と思うようになりました。

携帯しているネイルオイルは自作していて良い香りがしますし、だいたいカバンの中には精油が1本入っているので、良い香りを持ち歩いていると言えば持ち歩いているのですが、もうちょっと広がりのある複雑な香りが欲しい!と思ったんですね。笑

ネイルオイルはオイルベースなので広がりませんし、単品の精油も大好きなんですが、やっぱり複数の香りがブレンドされた香水のようなものが欲しい!と。

それで、一度は香水専門店を見に行ったのですが、そちらではインスピレーションだけいただく事にして、やっぱりアロマで自作することにしました。

そして出来上がったのがこちらの香水。

少し重く、そして甘めな花の香りに仕上がりました。作る前に考えていたよりも、濃厚なものに仕上がっています。

ほんの少ししか作らなかったのは、そこまで沢山つけないのと、私のエネルギーが変わったら、心地良く感じる香りも変わるだろうという確信があったから。

私は、自分のために作ったものに関しては、二度と同じものが作れなくても良いと思っているので、レシピを残しません。

次に作る時には、その時に必要なものが出来上がると信じているからです。

香りは周波数なので、私の周波数が変われば、必要だったり心地良いと感じる周波数=香りも変わります。

何を作るにしても、毎回一期一会の香りに出会えるのは、なかなかに楽しいものです。

そして、その出来上がった香りから、「おぉ、私は今こういう状態なんだ。」と知ることが出来るのも、また楽しいものです。

作る前は「ライトな花の香り」と思っていたのですが、出来上がったものは濃厚。私は今、外に向けて自分を主張しつつも、我が身をプロテクトして、さらに栄養を与えたいようです。

この香りを使い、時折自分から香る心地良い香りに癒やされるのも、また、次にどんな香りを作ることになるのかも、どちらもとても楽しみです。


KEIKO FUKUNAGA

■ほぼ毎日お送りしているメルマガ【魔女の薬箱】

■stand.fm 音声メルマガ【魔女の薬箱】
音声メルマガ

■新月と満月の三択診断メッセージ

■YouTubeチャンネル

■友人二人(おーりー土居ちゃん)と一緒に放送している、ストック型WEBラジオ。すでに放送された分もいつでも聞いて頂けます。

3人への質問やリクエストも受付中♡ラジオで取り上げさせていただきます。
ラジオ質問箱

関連記事

  1. 私には価値がないから、私の好きなものにも価値がない…と勘違いしていた話…

  2. 「面倒臭い」というブロック

  3. 女が嫌いなオンナ(イランイランの話)

  4. ツイていないなら、足を綺麗になさい♡

  5. 自分と周囲に、適切な境界線を引く

  6. 人生の波に上手に乗る方法

  7. 顎関節症でアゴが痛い時のセルフケア

  8. 「もっと素敵な自分になれるかも♡」という淡い期待は捨てる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレター【魔女の薬箱】

メルマガ

Archive

NEW POST

NEWS FEATURED