二十四節気【立夏】夏の始まり

5月5日、今日は端午の節句であり、二十四節気の立夏です。

ちなみに、5月2日は八十八夜でした。(当日書こうと思いつつ、うだうだしているうちに過ぎていた…)

先に八十八夜について少し書いておくと、八十八夜とは、立春(2月4日)から数えて88日目のこと。八十八を合わせると米という字になることや、末広の八が重なっていることから、縁起が良いとされ、豊作祈願をするのに良いと言われています。

茶摘みの歌が有名で(夏も近づく〜♪っていうアレです。)、この日に摘んだ新茶を飲むと、病にならないという言い伝えもあります。

 

はい。。既に過ぎておりますが…。笑

 

そんな八十八夜を過ぎ、春土用も終わりを告げ、本日5日は立夏です。暦の上では夏の始まりです。

どなたの言葉か分かりませんが、「二十四節気は、光の暦である」というようなことを読んだことがありまして。

この場合の光の暦と対になるのは「温度の暦」です。何度を超えたら真夏日、という天気予報でおなじみのものです。

まだ涼しい日も多い5月が夏だなんて、なんだか違和感…と思っていた頃もありましたが、光の暦だと言われてみればなるほど、と。

人間も動物も植物も、太陽系の惑星である地球で命を持つものは全て、、、というか、地球そのものでさえも、太陽のエネルギーをもらって生きながらえていると言われます。

温度よりも、光量が重要なのは言わずもがな。

植物達は、素直に日の光(太陽エネルギー)を受け取って、この季節一番青々と輝きます。

私たちもこれからしばらくは、日の光をたっぷりと浴びて、太陽エネルギーを補充しておくと良いかと思います^^

私は、立夏に今年初のマンサンダルを履きました。素足ってほんとに気持ち良い♡

関連記事

  1. 私にとっての「美しさ」とは

  2. A=Bは本当の本当?因果関係を追求しないことのススメ♡②

  3. 自分のために香りを作る

  4. 私の才能って何?私の能力を発揮できる事は何?と思う人へ。

  5. 第6チャクラ…意識をひっくり返す

  6. 「今の自分のまま、背景だけが変わる」とは

  7. 顎関節症でアゴが痛い時のセルフケア

  8. 自分の気持ちが分かっているか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレター【魔女の薬箱】

メルマガ

Archive

NEW POST

NEWS FEATURED
  1. 登録されている記事はございません。