北陸旅行記(金沢編)

やはり、書き切ることにした旅行記。

北陸旅行記(富山編その1)はこちら
北陸旅行記(富山編その2)はこちら

北陸2日目、雨の金沢へ

天気予報通り、朝から雨の富山。

ドーミーインは、朝食が充実していることで有名なホテルなので、朝からとても楽しみだった。


第1回目の取り分。マス寿司も、ご飯も、おかず類もとても美味しかった!そしてこの後、デザートのミニケーキまで食べてしまった。

普段朝食をあまり食べないので、お腹はいっぱい。しかし、前回も書いたように、諦めきれずにこの後お団子を食べに行ってしまう…。

さらにお腹をパンパンにしてから、レンタカーで向かうは金沢。ホテルから金沢駅まで高速を飛ばして1時間くらい。

金沢に来たらなら、この鼓門が見たくて、車なのにわざわざ駅へ。

小雨という予報は外れ、なかなかしっかりと雨が降っている。

当初、北陸1泊2日はすべて富山で過ごす予定だったので、帰りは富山空港からの飛行機。金沢に居られるのは17時くらいまで。

行きたいのは「金沢らしい」ところ。

今回は、兼六園、近江町市場、東茶屋街、かな?

やっぱり、金沢といえば兼六園。一番行ってみたかったので駅を出た後真っ先に向かってみたら…雨脚がどんどん強くなり、土砂降りと言って良いレベルに…。車から降りたくない…。

でも、私のお天気センサーは「そのうち止む。」と言っている。これは、先に屋根のあるところで時間を潰せば平気な気がする。

ということで、そのまま近江町市場へ。

富山で出発前にすでにお腹パンパンだったので、お昼ご飯は食べられない。けれど、つまむくらいならちょうど良い。

近江町市場は海鮮その他がつまめるので有名。私たちは、イカ焼き、生牡蠣、ホタテの刺身、ウニなどを店先でつまみつつ散策。

雨には濡れないし、少しずつ色々つまめて、ここに来て正解だった。

1時間ほど滞在して市場から出てみたら、私のセンサーが当たって、雨は上がっていた。

このまま先に東茶屋街へ。

可愛いお店でお茶がしたい。これは金沢目的のひとつ。東茶屋街はうってつけ。

本当は吟味したかったのだけど、昨日からの疲れが溜まっていた私は早々に休みたくなり、入り口に近いお店に入ってみた。

ジェラートと和菓子のお店かな。

こちらはジェラートと加賀棒茶のセット。どちらもとても美味しかった!

こちらは白玉ぜんざい。こちらもとても美味しかった。全てのお盆に折り鶴が添えられていて、とても可愛い。

店を出た後は東茶屋街を散策。途中金粉を買い、自分用のお箸を買い、友達へのお土産も。

全てに金箔が貼られている部屋の見学もできた。

一通り散策し終わったら、兼六園へ。17時前には金沢を出発したいのだけど、兼六園も閉園が17時。ちょうど良い。

さっきも一度来た兼六園に16時頃に再来訪。

雨は降っていないものの天気はどんより曇り空。雪も花もないという季節だったけど、静かでとても良いところだった。

雪が積もっていたり、桜が咲き誇っている時にも訪れてみたい。

17時少し前、兼六園を出るタイミングで雨が降り出した。ポツポツからザーザーへ。

私たちが見学し終えるのを待っていてくれたかのようで、とても嬉しい。

この後は、富山へとんぼ返り。

私たちが急いでいたのは、富山空港でお寿司を食べたかったから。

空港にあるお寿司屋さん。実は対応がとても残念だったのだけど、お寿司の味はとても美味しかった。

東京の自宅に帰り、一つ後悔しているのは、ます寿司をもっと買ってくれば良かった!!ということ。

そんなに食べないだろうと、一つしか買わなかった事をとても悔やんでいる。それくらい、富山のます寿司は美味しかった。

 

私の1泊2日の北陸旅行記はこれでおしまいです。お付き合いありがとうございました。

関連記事

  1. 幸せの香りを纏う♡アロマ香水ワークショップ♡

  2. 本当にあった怖い話…?快適な旅に「浄化グッズ」を。

  3. 北陸旅行記(富山編1)

  4. 私のルーツの一部、対馬へ。

  5. 【動画】世界の捉え方や月のテンポの話

  6. 北陸旅行記(富山編2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@にご登録いただくと、ご質問等お気軽にご連絡頂けます。

 

友だち追加

Archive

NEW POST

NEWS FEATURED