顎関節症でアゴが痛い時のセルフケア

ストレス時代に付き物の不調、顎関節症。

人はストレスを感じると無意識に奥歯を噛みしめる癖があるのですが、それが過ぎると顎の筋肉が疲弊して、口の開け閉めがし辛くなったり、痛みを感じるようになります。

お客様にも何人かいらっしゃるのですが、ひどい方ですと、奥歯を噛み締めすぎて歯が砕けてしまった方もいらっしゃいます……。

ちなみに、ご存知とは思いますが、「アゴ」と言っても、口の下のアゴ先の部分ではなくて、耳の少し下の、奥歯を噛みしめると硬くなる部分の筋肉が硬直します。

肩こりなども同じなのですが、こっているからと言って、その硬かったり痛かったりするポイントをゴリゴリほぐせば良いというわけではありません。

特に自分でやる場合、まさにそこ!という部分ばかりをやっていると、刺激過多になってしまい、余計筋肉を硬くしてしまうことも。

顎関節症が辛い時、ご自分でほぐすと良いのは、ズバリ側頭部です。側頭部とは耳の少し上の辺り。直径5〜6センチくらいの範囲の事と思ってください。

この辺です↓

ここも刺激すると結構痛いポイントなのではないかと思います。

セルフマッサージのやり方は決まっておらず、やりやすい方法で良いのですが、一般的に

・親指以外の四指で揉んだり
・この写真のように手をグーにして揉んだり
・ヘッドマッサージ用のグッズを使ったり

するのがやりやすいかと思います。

実はこの側頭部をゆるめると、フェイスライン(特に法令線やマリオネットライン)を引き上げるというリフトアップ効果も期待できるので、日頃からご自分でモミモミしておくと良いかと思われます^^

ついでに、イライラしやすい時にも、この側頭部へのセルフマッサージはおすすめです。

さてさて、顎関節症はセルフケアも大事ですが、「そもそものストレスを軽減する」という事がもっとも重要だったりしますので、そこへのアプローチも考えることをお忘れなく。

ストレスの原因を取り除くのか、ストレスに感じてしまう思考を変えるのか。

せっかく顎関節症として身体がサインを送ってきてくれているので、一度自分の心と向き合ってみる良い機会かもしれません。

顎関節症や頭痛、目の疲れなど、顔や頭部のお悩みにはフェイシャルメニューが本当におすすめです。

深い深いリラクゼーションでストレスを軽減させ、肉体的にも頭部にとどまらず全身の筋肉をゆるめて元の位置に戻します。オプションのカードセッション「フォーチュンテリング」を一緒に行えば、ストレス原因を取り除くお助けが出来るかと思います♡

無駄なストレスって美容の大敵ですから、さっさと取り除いてしまいましょう♡

▪️メディテーションフェイシャル
https://keikofukunaga.com/private-salon/menu-face01

▪️背中からゆるめたい時はボディ&フェイシャルを
https://keikofukunaga.com/private-salon/menu-bodyandface

▪️オプションカードセッション「フォーチュンテリング」
https://keikofukunaga.com/private-salon/menu-option01


KEIKO FUKUNAGA PLIVATE SPA SALON

▪️心と身体をゆるめ自然のリズムと調和すると、五感とともに、眠っていた第六感が目を覚まします。健康と美しさと幸運を一度に手に入れるPLIVATE SPA SALONメニュー。
https://keikofukunaga.com/private-salon

▪️月の周期は女性の周期。新月と満月、その他節目に受け取るメッセージ。LINE@にご登録いただくと、皆さまからのご質問なども気軽にお送りいただけます。
https://line.me/R/ti/p/%40lvm4669z

関連記事

  1. A=Bは本当に本当?因果関係を追求しないことのススメ♡

  2. 緊張が続くと風邪をひきやすくなるわけ

  3. 痩せたい!と思う自分の一番の味方は誰?

  4. 誰かに「そんなに頑張らなくて良いんだよ!」って言ってあげたい時は♡

  5. 誰にでもスピリチュアル能力はある♡スピリチュアルの種類について。と、何…

  6. 全ては陰陽揃って円になる。片方受け取らないのは、体を硬くする原因になる…

  7. 自己肯定と自己受容。自己肯定感は一生上がらないと思う。

  8. A=Bは本当の本当?因果関係を追求しないことのススメ♡②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@にご登録いただくと、ご質問等お気軽にご連絡頂けます。

 

友だち追加

Archive

NEW POST

NEWS FEATURED