痩せたい!と思う自分の一番の味方は誰?

こんにちは。福永敬子です^^

皆さんは痩せたいですか?♡

私は痩せたいと言うよりも、もっと筋肉をつけたいのですが、、うん、でもやっぱり、お腹周りの脂肪はもっと減らしたいです^^

人によっては二の腕、脚、など、気に入っていないパーツはそれぞれ違うかと思いますが、気に入っていないとはいえ、身体は(細胞は)自分自身の一番の味方です。

文句も言わずに毎日新陳代謝を続け、傷が出来れば治し、異物が入れば出そうとし、何かを食べれば消化をし、体温が上がれば汗を出し…数え上げたらキリがないほど、日々私たちが命を永らえるように働いてくれています。

少し体調を崩すと「健康」の有り難さを痛感する。

とはよく言いますが、その体調を崩した事でさえ、身体からしてみれば私たちを守ろうとしてのこと。まずい菌が体内に侵入してきた時に、発熱してくれる身体にも感謝をしたいものです♡

と、少し話がそれましたが…そう考えると、身体についた脂肪でさえも、はたまた、こってこって辛い肩こりも、もしかしたら身体が私達の事を思って、そうしてくれているのかも知れない。と思うのです。

だって、それがあるから「鈍感」でいられるのだから♡

もっと敏感になってしまうと、どんな不都合が生じるんでしょうねぇ…。

先日、ある方が「膝の上のお肉が気になるんだけど、そこばっかり気にしちゃダメだと思って、見ないようにしている。」とおっしゃっていたんですね。

たしかに、「フォーカスすると拡大する」という宇宙の法則から言うと、「細くしたいならフォーカスしちゃダメ」というのは合っているようですが、「見ないようにしている」時点でめっちゃ気にして(フォーカスして)いますよね。笑

じゃなくて、ここにお肉が付いている。というのは事実は認めて、じゃあどうしてここに付いてるの?と身体さんに聞いてみるのです♡

答えはすぐに出てこないと思うけど。それでも聞いてみるのです。

もしかしたら、膝の関節が弱っていて、それをカバーするために付いているのかも知れないし、膝ではなく他の部分が弱っているのをカバーするためかも知れない。

もしかしたら、「ここにお肉がついているから恥ずかしい。」という分かりやすい理由を作る事で、脚を出すような洋服を着ないで済むようにしているのかも知れない。

もしかしたら、脚の動きを鈍くする事で、新しいチャレンジをしないで済むような心理状態を作っているのかもしれない。

そう思うと、どんな理由であれ、やっぱり身体には感謝しか湧いてこないわけで^^

それでもやっぱり私はここのお肉がない方が良い!と思ったら、そこから出来る事をしていくと体の変化は早いはず。

筋トレ(それも、膝だけにフォーカスしない、根本原因の改善に繋がる筋トレ)とか、整体とか、その時々でベストは違うと思います。

痩せる、痩せないは置いておいても、たまには自分の身体に目を向ける時間ももってみて欲しいな〜と思います♡


雪だるまが冷えているのは、温まると溶けてしまうから。笑


KEIKO FUKUNAGA PLIVATE SPA SALON

■心と身体をゆるめ自然のリズムと調和すると、五感とともに、眠っていた第六感が目を覚まします。健康と美しさと幸運を一度に手に入れるPLIVATE SPA SALONメニュー。
https://keikofukunaga.com/private-salon

■月の周期は女性の周期。新月と満月、その他節目に受け取るメッセージ。LINE@にご登録いただくと、皆さまからのご質問なども気軽にお送りいただけます。
https://line.me/R/ti/p/%40lvm4669z

関連記事

  1. リフトアップしたい時は●●を上げてみる!

  2. A=Bは本当に本当?因果関係を追求しないことのススメ♡

  3. 脳疲労、神経系の疲労を癒すには、怪しくてもやっぱりこれがいい♡

  4. 私にとっての「美しさ」とは

  5. 誰かに「そんなに頑張らなくて良いんだよ!」って言ってあげたい時は♡

  6. 季節の変わり目「秋土用」のボディケア

  7. A=Bは本当の本当?因果関係を追求しないことのススメ♡②

  8. 「心を込めること」と「知識と技術」のバランス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE@にご登録いただくと、ご質問等お気軽にご連絡頂けます。

 

友だち追加

Archive

NEW POST

NEWS FEATURED