私の才能って何?私の能力を発揮できる事は何?と思う人へ。

「自分を隠さないで、もっとさらけ出した方が良い。」

とか

「遠慮しないで力(才能や能力)を発揮すれば良い。」

と言われて、

なんとなく分かるのだけど、うん、なんとなく自分が才能を発揮しきっていない事は分かるのだけど、結局どうしたらさらけ出すことになるのか、どうすれば力を発揮したことになるのか分からない。そもそも、私の才能って何??

という方はいませんか?(はーい!笑)

私も自分自身の事になると、急に分からなくなったりますが(笑)、今までの経験上、「自分の中のどれが発揮すべき部分なのか?」「私の才能や力、本当の自分自身とは何か?」という質問をしているだけではあまり回答が得られません。

というか、「あなたって●●なところが良いよね。」とか「あなたならすぐ●●出来そうなのに。」と、誰かから結構はっきり言われたり、本やテレビでたまたま目にしたり、宇宙は答えを教えてくれるんですけど、全然受け取れません。

褒め言葉やアドバイスも「全然そんな事ないんで。」とかそれは誰でも普通にできる事です。」とか「それじゃお金にならないし。」いう感じにスルーしてしまうケースが多いです。(多かったです。私は。笑)

それはなぜかと言いますと、私たちは「才能とはこういうもの」「能力を発揮するとはこういう事」という、自分が決めているストライクゾーンみたいなものを持っているからです。

例えば

才能とは、、、誰とでも少し話せば相手の悩みや欲しいものが手に取るように分かることで、

能力を発揮するとは、、、その悩みをいつも完璧に解決したり、欲しいものを提供して、ガンガン売り上げを上げている状態、

だから、自分をさらけ出すとは、、、誰にも遠慮せずに、周りも気にせずに、その能力を誰が見てもわかる状態にしている事。

みたいな。

だから、冷蔵庫に残っているものだけで、大して悩まず4人分の食事を美味しく手早くササッと作る。

みたいなポイントを褒められても、「それは、主婦だから当たり前のことだし。」みたいになるわけです。


美味しいお店を見つけるのが上手い。とかも、才能カウントされずにスルーしてしまう事が多い。。

ちょっと突拍子もないことを言いますが、もし才能や能力が、馬だったとしたら…。と考えてみて下さい。

あなたは馬を乗りこなしたい(=才能や能力をうまく使いこなしたい)と思っています。

こんな感じが理想。

馬と一体化して乗りこなせれば(=才能や能力を自分のものとして使いこなせれば)、どんな障害物だって軽く飛び越えられるし、遠く離れた場所にも、疲れず早くたどり着く事ができる。

そしてその馬は、とてもあなたに懐いていて、あなたを主人だと理解し、いつだって従順にいうことを聞いてくれる。(=その才能や能力は、いつだってあなたが使いたい時に、使いたい形で自由自在に使いこなせる。)

こんな感じ、すごく良くないですか?理想じゃないですか??

でも、現実は、、、馬は言う事を聞いてくれず、呼んでも見向きもしないし、動こうとしない。すぐ脱走して行方不明になる。たまにうまく背中には乗れたものの、走るスピードのあまりの速さに怖くなり、落ちないようにただしがみ付くだけ。せっかく速く走ったのに、怖いからもう乗ってもらえず、走らせてももらえない馬は暴れるようになり、仕方がないので暴れないようにどこかに繋いだり鎮静剤を打ったりして、動けないようにしないといけない。

(=才能や能力は全然うまく使えないし、探しても全然見付からない。これかも知れない…と思って使ってみても、なんだかうまくいかないし、たまにハマればあんまり現実が動きすぎて、怖くなってやっぱり才能は封印。一度使いかけてもらった才能は、もっと使って欲しくて色々とインスピレーションを送るものの、もう怖いのは嫌なので無視し、押さえつける。)

で、「やっぱりあの馬じゃなかったのかも。もっと私に合う可愛い馬がいるはず。」と言って、違う馬を探し始める。(=やっぱり私の本当の才能っていうのはあれじゃないのかも。もっとすごくて使いやすいやつがあるはず。と言って、探し続ける。)

みたいな感じ。

馬の身になってみれば、いきなり現れて、やれ背中に乗せろだの、この障害物飛んでみろだの、速く走ってみろだとの言われて、挙句、速すぎるしやっぱこの馬怖い。と言ってどこかに繋がれる…。

餌ももらえない、ブラッシングもしてもらえない、小屋の掃除もしてもらえない、走らせてもらえない、障害物の飛び方を教えてももらえない、話しかけてももらえない、撫でてももらえない…。

馬、ごめん。泣

やっぱり、馬を乗りこなしたい、一体化して障害物を飛び越えたい!と思ったら、毎日ちゃんとケアしてあげなきゃいけないんですよ。

いきなり、「飛ぶぞ。」じゃなくて、まずは背中にのる自分のことを、馬に信頼してもらわないといけないんですよー。

馬の世話って、食事やフンの世話みたいな、馬が生きる上での最低ラインのことから、話しかけて心を通わすこと、一緒に走ったり飛んだりする練習まで、全部自分自身に置き換えられません?

自分自身の、これ食べたい、もう寝たい、トイレ行きたい、のような生理的欲求を満たして、自分と対話して分かり合って、トライアンドエラーで少しずつ出来る事のクオリティを上げていく。しかない…。

「どうやってもっと可愛い馬を探すか?」とか、「自分に合う馬はどれか?」とかを考えている時に、「馬小屋をキレイに掃除してあげたら?」というアドバイスを聞けないのと一緒で、

「私の才能はなんだ?」「私の能力はどうやったら発揮できるんだ?」と考えている時に、宇宙のくれた答えは、的外れに感じて受け取れない。

最低限の生理的欲求を満たすところからちゃんとケアしていって、自分とちょっとだけでも通じ合えた頃にもらう褒め言葉やアドバイスは、それこそ開眼レベルで「私の才能ってばこれっだったんだ!」と受け入れられたりしちゃうもの。

書いていて耳が痛い。笑

質問に対する答えが全然来ないなー。と感じる時は、答えが来てないんじゃなくて、受け取れてないだけって事が結構あるので、本当に自分に目を向けなおすチャンスだと思います。

書いていて耳が痛い。笑

自分の才能や魅力を全開にした未来ってどんな世界なんだろう?
■なりたい未来の自分に会いにいく、アンカリングアロマ香水ワークショップ
3月16日(土)13:00〜17:30
https://www.reservestock.jp/events/324933

記事の感想なども、コメントやLINEで頂けると嬉しいです。


KEIKO FUKUNAGA PRIVATE SPA

■2月のご予約はこちらからお願いします

■美しく在るためのメルマガ【Letter from KEIKO】新月・満月にも、LINE@より少し長めのメッセージなどを送らせて頂くメルマガです。
メルマガ登録はこちらから

■月の周期は女性の周期。新月と満月、その他節目に受け取るメッセージ。LINE@にご登録いただくと、皆さまからのご質問なども気軽にお送りいただけます。
友だち追加

■心と身体をゆるめ自然のリズムと調和すると、五感とともに、眠っていた第六感が目を覚まします。健康と美しさと幸運を一度に手に入れるPLIVATE SPA SALONメニュー。
スパメニューはこちら

関連記事

  1. 自分と周囲に、適切な境界線を引く

  2. 自分の力を思い出すのに、簡単な魔法をひとつ伝授

  3. 曖昧さを許すこと。相手に力を与え過ぎないこと。

  4. あの世に近付くお彼岸の1週間

  5. 会社をやめて、本当に好きな事を仕事にした方が良いか?…あるクソ女の告白…

  6. 「頑張る」と「頑張らない」はどちらが正解なの?

  7. 「立春」今日から春の始まり。身体も徐々に春モードに

  8. 肉体とは、宇宙の一部であり、魂の一部である!ってすごい分かりやすく説明…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレター【魔女の薬箱】

メルマガ

Archive

NEW POST

NEWS FEATURED
  1. 登録されている記事はございません。